Year年: 2024


インド インフラ

インド ニューデリー 酷暑

インド撮影のロケハン・撮影許可申請・撮影スタッフ手配・日本語通訳など実績多数!安心してご相談ください。
5月は1年の中で、最も暑くなるインド。 5月29日は、観測史上最高の49.9℃を観測しました。 インド、ニューデリーに住み始めて3ヶ月目の私は暑さに完敗しています💦

屋台 ポハ

インド定番 朝食【ポハ】

ナマステ!インド渡航3度目にして移住を決意した、日本人スタッフ岩田です! さて、今回はインドの定番朝ご飯【ポハ】を紹介します。
ポハを知ったのはつい最近の事なのですが、 インド料理なのに重くない!! 食後も油っぽさを感じずに朝食にぴったりです(^^♪

インドウエディングプランナー

インドの結婚式に参加してみた!

先日、会社のインド人の同僚が結婚式を挙げるということでスタッフ全員で 参加してきました! 同僚が馬に乗るということだけ聞かされていて、一体どんな式なのかワクワク… インドの結婚式は、服の指定がなく招待状やご祝儀がなくても気軽に参加できるのが 良いところ!

リシケシ撮影コーディネート

ヒマラヤ山脈とシヴァ神が美しい”リシケシ”

髪の束にガンジス河を収める者(ガンガージャターダー)として知られるシヴァ神。 サンスクリット語で、ジャターは髪、ダーは持つという意味です。 元々、ガンジス川は天界を流れる聖河として崇められる女神でした。 気性の激しいガンジス女神を天界から地上に降ろそうにも、あまりにも凄まじい激流に地上が流されるのではと苦慮。その時、地球を守るために最も天界に近いヒマラヤで瞑想するシヴァ神が、束ねた髪で激流を受け止めてから地上に聖河を法流したと伝えられています。

インドカメラレンタルCanon

知識・教育の神様を祝う【Basant Panchami/バサントパンチャミ】

学習、創造性、音楽の代表として崇拝される女神サラスワティの誕生祭のこと。 この日、ヒンドゥー教徒は女神サラスワティを崇拝し、黄色い服を着て黄色の食べ物を食べます。 黄色は知識を表すだけでなく、春の到来を表しています。 州によっては学校が休日のところもあります。

アムリトサル ワガ国境

平和維持と愛国心を生む「Wagah Border/ワガ国境」

アムリトサルの中心地から約30km離れた町アターリーのパキスタンとの国境で 毎日行われるフラッグセレモニー(国境閉鎖式)のこと。 両国側から約1万人が集まり、国歌を歌い兵士のパフォーマンスに声を合わせて応援。 愛国心を感じられる場所ということで観光地としてもとても有名です。

インド宗教撮影

【アムリトサル】シク教総本山 Golden Temple/黄金寺院

ナマステ!インドに憧れて勢いで就職した日本人スタッフの吉永です! デリーから北へ電車で約8時間のところにあるパンジャーブ州最大の都市「Amritsar/アムリトサル」へ行ってきました! ■■アムリトサルとは■■ パキスタンとの国境近くにあるパンジャーブ州最大の都市。インド国内でも多くの米や小麦を供給しているので、「インドの穀倉」とも称されています。 また、シク教徒が大多数を占める街です。(インド国内の割合は約1.7%)

インドPV撮影

【インド大使館】撮影許可申請・ビザ申請について

ナマステ!インドに憧れて勢いで就職した日本人スタッフの吉永です! 今回は、日本の制作会社様からよく受ける質問を紹介しようと思います。 それは、「インドの撮影は許可申請必要ですか?いつ、どのようにしたらいいですか??」 撮影前にスケジュールを作成される中で一番の懸念点だと思います。特に初めてのインド撮影だった場合、未知の世界ではないでしょうか。

インドお祭り撮影許可

冬の終わりを祝う【Makar Sankranti/マカールサンクランティ】

ナマステ!インドに憧れて勢いで就職した日本人スタッフの吉永です! インド全土で祝われるマカール サンクランティは、毎年1月14日 (閏年の場合は 1 月 15 日)に行われるヒンドゥー教の最も縁起の良い祭りの1つといわれ、冬から春へと太陽の移行をお祝いするお祭りです。 このお祭りは各州によって様々な方法で祝われています。